English Site

お知らせ

glolab(グロラボ) コーディネータ 上村カルロスさんの特別授業
順天中学校・高等学校 > お知らせ一覧 > glolab(グロラボ) コーディネータ 上村カルロスさんの特別授業

お知らせ

glolab(グロラボ) コーディネータ 上村カルロスさんの特別授業

 2021年2月16日、glolab(グロラボ)の代表 柴山智帆さんとコーディネータ 上村カルロスにお越しいただき、「日本に住む外国にルーツを持つ子ども・若者の現状」というテーマで特別授業をしていただきました。当日は英語探究で日本語の学習支援をテーマにしている高1を中心に、中2~高1まで18名の生徒が参加しました。

 はじめに、代表の柴山さんから「外国にルーツを持つ子ども・若者がどのような課題を抱えているか現状と課題」と、「課題解決のために取り組んでいるプロジェクト」を紹介していただきました。

 次に、ペルー生まれのコーディネータ上村カルロスさんから、生まれ育ったペルーのことや来日してから苦労したことなどをお話いただきました。TBSの「世界くらべてみたら」にもご出演中のカルロスさん。クイズで楽しませながらペルーの歴史やご自身の育った環境など説明していくと、あっという間に生徒の心を掴んでしまいました。後半のワークショップは「外国ルーツ高校生あるある」として、多様な文化背景をもった高校生が、日本の学校生活の中でどのようなことを感じているのかなど丁寧にお話していただきました。

 カルロスさんの楽しいお話を聞いて、今まであまり関心を持っていなかった生徒もペルーがかなり身近になったようです。また、カルロスが中学高校時代に感じていたことを聞きながら、日本では普通と思っていたことがそうでなかったり、自分との共通点を見つけて人種が違っても同じなんだと感じたり、自分もちょっとしたことで役に立てるかもしれないと感じたり、たくさんの気づきがあったようです。

 英語探究の時間では、今後もglolabの皆さんに協力していただきながら、外国にルーツを持つ子どもたちに向けて動画による情報発信などを企画し、取り組んでいく予定です。

 

このページのトップへ