Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
English Site

お知らせ

2018フィリピンフィールドワークに向けて
順天中学校・高等学校 > お知らせ一覧 > 2018フィリピンフィールドワークに向けて

お知らせ

2018/07/21

2018フィリピンフィールドワークに向けて

今年度のフィリピンフィールドワークの準備が本格的に始まりました。プロジェクトの1つは「布ぞうりで破傷風を予防しよう」です。7月18日(水)、Deux mamansの野口様を講師にお招きし、布ぞうりづくりのワークショップを開催いたしました。現地のことも考え、素材は着なくなったTシャツで作成します。事前にネット動画などを見て研究した自分たちの作品と、先生にお持ちいただいた商品として販売されるものとを比較し、強度やデザイン・鼻緒の作り方などいくつかの疑問点が明確になり、非常に有意義なワークショップとなりました。

参加した生徒の感想。

岸本美鈴
実際に作ってみると思っていたよりも簡単な手順で、なんとか最後まで作ることができました。イラストを見ただけではわからなかったので、一人では完成しなかったと思います。間違えた時にすぐに教えてくださるなど、適切なアドバイスを頂いたことが良かったです。アドバイスを頂くことで難関ポイントや間違えやすいところも確認できました。現地の子どもたちに、わかりやすく教えることができると思います。さらに、素材や色、コサージュの応用によって全く雰囲気が異なる作品になるなど、作り手がもっと楽しく、もう片方もすぐに作りたくなるような工夫についても教えていただきました。(早速もう一つを作っているところです!)これからは、フィリピンの子供たちが興味を引くような配色や、デザイン、素材となる布の研究もしていきたいと思います。今回は本当に勉強になりました。ありがとうございました!

 

 

 

 

 

増田り子
本日は、ワークショップをしていただき本当にありがとうございました。「動画を見ながら研究していたのですが、実際にやり方を教えて頂くと、動画ではよくわからなかったところを直接聞くことができ、とてもやりやすかったです。初めて色を組み合わせて草履を作りましたが、1色で作るときよりも楽しく、自分で色を決めることで満足感にも繋がると思いました。しかし一方で、余っている布を活用するとなると色を選ぶことは難しく、新たな課題となりました。教えていただいたコサージュなどは種類が豊富で、課題を解決できるかもしれません。これからこのような工夫についてもっと調べていきたいと思います。新たに学べることがたくさんあり、とても有意義な時間でした。これからも試行錯誤を続けていきます。

柴田雅音
本日は忙しいところ講師を務めて下さり、本当にありがとうございました。布草履作りは難しいと考えていましたが、実際に作ってみると、初心者の自分でも簡単に作れることがわかりました。しかし、布を紐に作り変える作業や、布の独特の伸び具合をほどよく調節するなど、細かい技術にとても苦労しました。今後制作していく上で、このような技術の部分を改良していきたいと思います。フィリピンでは、言語だけでなく、材料、時間など、様々な課題が生じると思うので、今回学んだことをグループ全体で共有し、「人に伝える」を視野に入れたワークショップができるように努力していきたいと思います。

 

このページのトップへ