Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
English Site

お知らせ

「40億人のためのビジネスアイディアコンテスト」出場に向けたワークショップ
順天中学校・高等学校 > お知らせ一覧 > 「40億人のためのビジネスアイディアコンテスト」出場に向けたワークショップ

お知らせ

2018/05/17

「40億人のためのビジネスアイディアコンテスト」出場に向けたワークショップ

4月27日(金)の放課後に、ICnet株式会社の主催する「40億人のためのビジネスアイディアコンテスト」出場に向けたワークショップを行いました。昨年度からひきつづき、SGHのコアメンバーを中心に多くの生徒が参加しています。今回は新1年生も何人か参加していました。以下、今回参加した高校2年生、増田さんのレポートです。

*******************************************************************************************

 4月27日、「40億人のためのビジネスアイディアコンテスト」の第2回ワークショップが行われました。今回は、「届けたい価値の明確化」と「価値を届ける手段をみんなで考える」という活動をしました。

 「届けたい価値の明確化」では、まず自分の夢が価値の本質を捉えたものになるよう、それぞれの夢を「誰に・どんな価値を届けるのか」という表現に言い換えました。次に「ペルソナ」という手法で、実際に価値を届けたい相手を想定し、その人のパーソナルデータを細かく設定し、明確にしていきました。

 「価値を届ける手段をみんなで考える」取り組みでは、各自の「夢」とは全く関係のない写真から、価値を届けるためのアイディアをみんなで出し合いました。実現できるかどうかは考えず、思いついたアイディアをどんどん書いていくことで、革新的な手段を考え出すことにつながったと思います。

 「ビジネスプラン」という言葉から、考えるのが難しいもののように感じていましたが、届けたい相手や価値が具体化されると次々にアイディアを出すことができました。自分の「夢」をお実現させるための第一歩を踏み出せたと思います。

 今回出てきたアイディアを参考に自分の「夢」を実現するための手段をまとめ、発表しようと思います。新しく創出した価値を届けたい相手のニーズに応え、満足してもらえるように、また革新的でもある手段を考えていきたいと思います。

 

このページのトップへ