Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
English Site

お知らせ

SGH2年論文執筆相談会
順天中学校・高等学校 > お知らせ一覧 > SGH2年論文執筆相談会

お知らせ

2015/10/24

SGH2年論文執筆相談会

10月24日(土)の2年SGHワークショップは、論文執筆です。2年生はこの4月から

就学支援研究 
衛生教育支援研究
フィリピン進出日系企業およびNPO研究
グローバル意識調査研究

の4つのグループに分かれて論文執筆に取り組み、9月には東京外国語大学の小川先生に手ほどきもしていただきました。

初めて取り組む学術研究・論文執筆はそう思うようには進みません。本日は、担当教員も総動員で論文執筆に関する相談を受けます。地下1階のコンピュータルームでそれぞれの原稿を見ながら、あいまいな点の修正、資料の追加を行います。

pcroom1 pcroom2 pcroom3

とくに、グローバル意識調査グループは、今までの調査データに加えてカナダのセントマイケル・ユニバーシティー高校からの100人分のデータが届き、いよいよ結果の解析に取り組みます。

elc1 elc2 elc3

一方、1階のイングリッシュ・ラーニング・センターでは、フィリピンフィールドワークに派遣された2年生10人が、フィールドワークの調査データを加えて論文執筆に取り組みます。東京外国語大学の小川先生、麗澤大学の内尾先生に研究の方向性について細かくアドバイスをしていただきました。

さらに、待合室ではフィリピン派遣を引率したCFFの石井さんや、アドバイザーの新さんが一人ずつ相談に乗っています。 

 出発前には戸惑も見られた生徒でした。現地に行ったことがない生徒にとっては、大学の先生方の助言はかなり難しかったようです。しかし、いざ現地調査をしてみると、現地に行くことで得られた情報もあり、助言の意味が良く理解でき研究に役立てることができました。今回は、新たな課題を発見して先生に質問するなど、成長した生徒の姿を見ることができました。

これから、校内のフィールドワーク報告ワークショップ、外部での発表、論文執筆、SGH報告会と続きます。順次ご報告します。

 

このページのトップへ