Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
English Site

お知らせ

SGH高1「海外援助をする前に考えること」ワークショップ実施
順天中学校・高等学校 > お知らせ一覧 > SGH高1「海外援助をする前に考えること」ワークショップ実施

お知らせ

2015/09/12

SGH高1「海外援助をする前に考えること」ワークショップ実施

9月12日(土)に高1SGHの生徒達は、NPO法人DEARの方をお招きして「援助をする前に考えること」と題したワークショップを行いました。フィリピン出身のALTシェバ先生も生徒達と一緒に参加しました。

DSC02636 DSC02640

以下は、1年3組の担任でもあるニック先生の英語による報告です。

On Saturday September 12th, Junten SGH students participated in a workshop with DEAR called Enjo suru mae ni – “Before you Offer Assistance”. The goal of the workshop was to get students to “look before they leap” and think critically about whether any assistance they would offer would actually benefit its recipients. Ms. Nishi from DEAR related her own experiences as a university student volunteer, raising money in Japan and then traveling to Brazil to teach local people how to build small fishing rafts only to find that local people were more concerned about their beautiful seaside village’s own burgeoning tourist industry and had little interest in or incentive to spend their time building small fishing rafts. At the same time, students realized that too much concern about the consequences of assistance might prevent people who could use assistance from getting it. The workshop gave these future global leaders a lot to think about.

 

<日本語訳>

9月12日(土)、順天SGH生は “援助をする前に考えよう”と題したDEAR(開発教育協会)のワークショップを受講しました。ワークショップの目的は“行動を起こす前に、まず考えてほしい”ということです。自分たちが行う援助が、実際に援助を受ける側の利益になるのかということを分析的に考えていくという目的があります。DEARのスタッフの西さんは、大学生のときに経験したボランティアの話に触れました。具体的には、ブラジルに行き現地の人々に魚釣り用の小さな舟の作り方を伝授したいと、ブラジルへ旅行するための資金を日本で集めました。現地に行くと、人々は自分たちの愛する美しい海辺の村が急成長する観光業により受けている影響を懸念していて、自分たちが紹介しようとした小さな舟づくりにはまったく興味を持っていなかった、また彼らが舟を作るために費やせる時間にも限度があるということを発見したのです。また同時に、援助の結果ばかりを気にしすぎると、現地の人たちの援助を受ける機会を妨げてしまうということも学んだといいます。今回のワークショップは、受講したSGH生にこれから考えなければならない課題と問題を提起しました。

 

DSC02661 DSC02657

 

このページのトップへ