Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
English Site

お知らせ

SGH高1 英語ワークショップ「The World as a Village of 100 People」
順天中学校・高等学校 > お知らせ一覧 > SGH高1 英語ワークショップ「The World as a Village of 100 People」

お知らせ

SGH高1 英語ワークショップ「The World as a Village of 100 People」

6月27日(土)に、SGH高1Eクラスの生徒達は、国際理解を深める為、クラス担任でもあるニック先生とSGH担当副責任者である三井田先生による「世界がもし100人の村だったら」というワークショップを英語で行いました。以下は、ニック先生による、日本語と英語のレポートです。

DSCN0238 DSCN0240

「世界がもし100人の村だったら」

21世紀におけるグローバル社会はどのような人で構成されていますか。その人はどの言語を話していますか。地球のどの辺りに住んでいますか。ほとんどの人は富に恵まれていますか。それとも、逆に文字が読めない、栄養が十分に取れない、一日150円以下で暮らしている人がほとんどですか。

このようなテーマを巡って「世界がもし100人の村だったら」というワークショップを行いました。日本で教育を受けていれば、高1になるまでに世界の地域別人口分布や貧困格差などは習っているはずですが、今回の目的はそのような現状を「見える化」することでした。世界中の72億人の規模をワークショップに参加した50人の生徒に縮小し、生徒が様々な実情を具体的に想像しました。例えば、「アジア地域は最も人口密度が高い地域」というのは常識に近いものかもしれませんが、30人の生徒がひもで実際の面積に合わせて作られた「アジア」に入ってみると、その密度の濃さにびっくりしました。

基本的な知識ですが、次世代のグローバル・リーダーにとっては不可欠なものでもあります。これからはこのワークショップで習ったことを課題研究やSGH活動に活かしていきます。

 

「The World as a Village of 100 People」

What kinds of people make up our 21st century global society? What languages do they speak? Where in the world do they live? Are most of them comfortable and well-off? Or are most of them illiterate, malnourished, and living on less than 150 yen a day?

Junten SGH conducted “The World as a Village of 100 People” workshop to address these questions. By the time they start high school, students who have been educated in Japan are usually aware of things like how the world’s population is geographically distributed or the gap between the global rich and poor, but the purpose of this workshop was to get students to visualize those realities. By scaling down the world’s 7.2 billion people (and the situations they live in) to our 50 workshop participants, the students were able to turn facts about the world into images. Even though, for example, it is commonly known that Asia is the world’s most densely populated region, the 30 students representing the 60% of the world’s Asian population were surprised at the extent of that density when they all got inside a to-scale roped-off “Asia”.

Knowledge of the world and its peoples is basic but essential to the next generation of global leaders. We expect that Junten SGH students will be drawing upon this knowledge in their future research and SGH activities.

 

このページのトップへ