Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
English Site

お知らせ

イオン1%クラブ、ティーンエイジアンバサダー事業 10周年記念特別行事
順天中学校・高等学校 > お知らせ一覧 > イオン1%クラブ、ティーンエイジアンバサダー事業 10周年記念特別行事

お知らせ

2018/07/19

イオン1%クラブ、ティーンエイジアンバサダー事業 10周年記念特別行事

7月17日(火)朝8時45分、順天高校の10人の生徒は貸し切りバスで出発します。行先は東京駅近くの丸の内鍛冶橋駐車場。9時半ごろ到着するとそこで、北京第20中学校の生徒と合流しました。今日はそのほかに、過去10年間でこの事業に参加したOB・OGの代表が17人加わります。これから、首相官邸に向かうのです。表敬訪問は、時間調整の塊です。官邸を訪れる日本各地、世界各国の要人の合間を縫って、訪問を終えなくてはなりません。駐車場での待機が続きます。結局この日は15分ほどの公式行事のために、待ち時間と予行演習を込めて半日を費やすこととなりました。11時を回ってからバスは駐車場を離れました。

首相官邸の玄関です。内部は撮影が禁止されていますので、プレスから配信される写真をご覧ください。官邸の会見室で、リハーサルを行いながら、さらに30分待機したころ、「第90代、第96代、第97代、第98代内閣総理大臣安部晋三閣下の到着です」というアナウンスとともに、首相が到着しました。中国と日本のOB,OGの代表がスピーチをした後、首相も祝辞を述べました。首相とともに記念写真を撮って、首相官邸を後にしました。

表敬訪問の様子を伝える官邸のホームページ

表敬訪問の様子を伝える外務省のホームページ

昼食は皇居外苑にある楠公レストハウスでとりましたが、首相官邸の出入りに時間がかかったことから、食事時間は10分しかありませんでした。昼食後、午後の記念講演会に出席するために、徒歩で有楽町駅前のよみうりホールに向かいます。

記念講演会は日本の伝統文化の紹介として、名古屋の和菓子店両口屋是清と、昨年大火にあった新潟糸魚川市の酒造会社の若手経営者の講演を聞きました。休憩の後、8月4日から公開されるアニメーション映画「詩季折々」を制作した3人の監督のうち、リ・ハオリン監督と竹内良貴監督がトークセッションを行いました。会場からの質問をネット経由で受け付けてそれにこたえる質疑応答コーナーもありました。

詩季折々のホームページ

この日の午前中、過去に事業に参加したOB・OGは、今後のに注関係に関する提言をまとめる会議をしていました。その結果をアンバサダー宣言として、発表し、前外務大臣の岸田衆議院議員に手渡しました。

5時過ぎによみうりホールを出発し、徒歩で帝国ホテルに向かいます。個々で、イオン1%クラブ、ティーンエイジアンバサダー10周年記念パーティーが行われます。パーティーには校長先生も駆けつけてくださいました。パーティーにはOG・OBを含めて580名あまりの小大使のほか、日中友好議員連盟の国会議員多数、駐日中国全権特命大使程永華氏など、各界の要人が参加していました。パーティーは9時過ぎにお開きとなり、長い一日が終わりました。

 

このページのトップへ