English Site

お知らせ

海外研修第2回事前研修
順天中学校・高等学校 > お知らせ一覧 > 海外研修第2回事前研修

お知らせ

海外研修第2回事前研修

2020年夏に、高等部2年生徒が6コースに分かれて全員参加する海外研修は、各自が設定した課題に関する研究の実地調査を目的にしています。2月8日、12月の顔合わせの後の課題研究に関する実質的に最初の事前研修が各教室で行われました。

それぞれのコースの様子を簡単に紹介します。

昨年までのSGHフィールドワークを受け継いだフィリピンコースは、連携するNPOであるCFFの職員高梨さんをお迎えしてのワークショップです。参加者が探究したい課題を考慮して仮に決めた行程をたどりながら、それぞれの訪問場所で実施可能な活動を考えていきます。

ブリスベン研修では、交流先のCavendish Road SHSで、現地の理科の授業に参加します。オーストラリアの教科書を使って、英語で授業を受けるので、英語の教科書を読む練習を行っています。これは、化学の教科書の予習中の写真です。

タイコースは、それぞれが課題として研究したい社会課題を書き出しています。思いつくキーワードをたくさん書きだして、その中からみんなの意見を聞きながらそれぞれのテーマを選んでいきます。

ニュージーランドコースでは、交流校で行う各自のプレゼンテーションを作成しています。ニュージーランドに関して調べた事前研究の成果を盛り込みますが、日本との比較など、より広い視点が求められます。

カナダコースでは、現地から送られてきた申込書(Application Form)に記入しています。もちろん英文の申込書です。申し込みをするところから、語学研修が始まっています。

シドニーコースは、オーストラリアの動植物など、自然観察ができるコースですが、日程が短いため現地でできる活動が限られています。考えてきた研究テーマが、現地での活動につなげられるかどうか、担当の先生にチェックしてもらいます。これは、チェックに並んだ生徒たちです。

事前研修は、今週から毎週土曜日3週連続で行われます。

 

このページのトップへ