Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
English Site

お知らせ

高2 海外研修旅行 台湾
順天中学校・高等学校 > お知らせ一覧 > 高2 海外研修旅行 台湾

お知らせ

高2 海外研修旅行 台湾

令和元年7月24日(水)から7月28日(日)までの4泊5日で、精鋭25名と教員3名の計28名で台湾研修旅行に参加した。
1日目
 羽田空港を10:50に出発したエバー航空BR189便は、13:30に台北市の松山空港に到着(時差は1時間)。その後、世界四大博物館である故宮博物院で、有名な展示物である翡翠でできた「白菜」「豚の角煮」などを見学した。

2日目
 淡江大学の日本語学科の伍耿逸(ごこういち)教授の「台湾の歴史・日台関係」に関する講演を聞いた。その後、淡江大学日本語学科の学生とともに、7班に分かれて班別自主研修を行った。これは11:00に淡江大学を出発し17:00にホテルに戻る行程である。生徒にとっては、この研修が一番心に残ったようである。夜は「士林夜市」散策を行った。

3日目

 台湾総統府見学から始まった。厳しい荷物検査・パスポートチェックのあと、日本語を話せる明るいガイドさんの案内で総統府を見学した。蔡英文総統も内部で執務を行っていたようである。午後は十分で「天燈(ランタン)上げ体験」を行った。4人1組で願い事を書いたランタンが空高く舞い上がった。その後、台湾茶を体験した。台湾式の作法を学び、その場でおいしい台湾茶をいただいた。夜は、ホテル近くでモンゴリアンバーベキューを楽しんだ。

4日目
 「千と千尋の神隠し」の舞台となったといわれている九份から4日目は始まった。細く険しい階段を上る老街散策をし、舞台となったお茶屋を見たり、土産屋を探索したりした。細い道が入り組んでおり、道に迷う生徒もいた。午後は、龍山寺・二二八記念館・中正紀念堂などの歴史的遺産を見学した。中正紀念堂では蒋介石のことを学び、衛兵交代にも遭遇することができた。

最終日
最終日は雙連朝市に行き、台湾の生活文化にふれ、その後は地上509メートル世で世界4位の高さを誇る超高層ビルである「台北101」を訪れた。そして、16:00松山空港を出発し、羽田空港には20:00過ぎに到着した。生徒も教員も充実した5日間を送ることができた。

 

 

このページのトップへ