English Site

お知らせ

/24~8/8 高2修学旅行 イギリス・アイルランド(2)
順天中学校・高等学校 > お知らせ一覧 > /24~8/8 高2修学旅行 イギリス・アイルランド(2)

お知らせ

2010/10/30

/24~8/8 高2修学旅行 イギリス・アイルランド(2)

ギネスビールの博物館。

《July 26~August 8 in Ireland》
ロンドンから飛行機でおよそ1時間、アイルランドに到着しました!!ロンドンよりも寒くて、ちょうど今の日本(秋ごろ)のような気温でした。

空港を出てまもなく、ホームステイファミリーと面会しました。バスの中では、日常会話表現集を眺めながらドキドキしている子、とにかく楽しみでしょうがない子、それぞれでした。各ホストファミリーに一人ずつ引き取られ、いよいよホームステイが始まりました。毎日おいしい食事を食べられた!という人もいれば、インスタントの食事ばっかり…なんて人もいて、ファミリーごとで全く異なるリアルな生活を体験しました。

私たちは、基本的にCESという英会話スクールに毎日通っていました。ほとんどの人が一人、二人でクラスに配置され、さまざまな国籍の、さまざまな年齢の人たちと英語を学習しました。私が特に印象に残ったのは、日本人以外はとにかく積極的に英語を話すということです。だけど、発音面は日本人の方がよくできていたような…。最初は学校に慣れなかったのですが、だんだん友達もできて、クラスに馴染むことができました。午後は主にアクティビティー。アイリッシュダンスを習ったり、Guiness Beerの博物館に行ったり、牢屋見学に行ったり、マラハイドキャッスルというお城見学に行ったり…。とても楽しめました。

特に思い出に残っているのが、休日にみんなで見に行ったリバーダンスショーです!リバーダンスは、アイルランドの伝統的な踊りで、タップダンスのように靴で音を鳴らすのが特徴です。ダンサーの中には日本人もいて感動しました。肌の色を問わず、モデル体型のダンサーが音楽に合わせて踊るリバーダンスは圧巻でした!!

料理もおいしかった!

アイルランドの生活は、最初のころはみんな口をそろえて「日本に帰りたいよ~」と嘆いていましたが、次第に慣れました。夕食後に地元のスーパーでお菓子を買って、公園で夜10時前まで遊んだり(なんとアイルランドの日没は午後10時ごろ!!)普通の旅行ではできないような生活を送りました!日本とアイルランドはとても遠いし、簡単に行ける場所ではないけれど、将来絶対また来たい!と思える場所でした。本当に貴重な体験ができました。

(高2広報委員)

 

このページのトップへ