Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
English Site

お知らせ

東日本女子駅伝東京優勝に7区区間賞の会田選手が貢献
順天中学校・高等学校 > お知らせ一覧 > 東日本女子駅伝東京優勝に7区区間賞の会田選手が貢献

お知らせ

東日本女子駅伝東京優勝に7区区間賞の会田選手が貢献

11月11日(日)に福島市信夫ケ丘競技場で行われた第34回東日本女子駅伝で「東京」が2時間18分44秒で10年ぶり9度目の優勝を果たしました。

その際、9区アンカーで出場した新谷仁美選手が、4人抜きの激走をし18年ぶりに区間新記録(31分11秒)をマークしての大逆転を果たしたことは、とても話題となりました。

順天高校からは、7区を任された2年生の会田佳世選手が7区区間賞(13分0秒)をマークし、この優勝に大きく貢献しました。

→区間賞の記録はこちら

→サンケイスポーツの記事はこちら

 

 

このページのトップへ